ZEH(ゼッチ)の基準とは?

ZEHは「エネルギー収支をゼロ以下にする家」です。

家庭で使用するエネルギーと、太陽光発電などによる電力創出エネルギーで、

1年間で消費するエネルギーの量を実質的にゼロ以下にするものです。

国が定めた一定の基準を満たすことでZEHとして認証されますが、

例えば、寒冷地など、地域によっては

基準をどうしても満たせない場合も考えられます。

そこで、ZEHを以下3つの種類に分け、それぞれで認証基準が設けられました。

  • ZEH(ゼッチ)
  • Nearly ZEH(ニアリー・ゼッチ)
  • ZEH Oriented(ゼッチ・オリエンテッド)

「Nearly ZEH」は、

太陽光発電などによる創エネが十分にできない寒冷地や

日照率が低い地域、降雪量が多い地域を対象としたものです。


「ZEH Oriented」は、

都市部など土地が狭く太陽光発電などによる

創エネが十分にできない地域を対象としたものです。


それぞれに地域と特性が考慮された基準が設けられています。

では、それぞれの基準を見ていきましょう。

ZEHの基準

「年間のエネルギー収支をゼロまたはマイナスにする住宅」がZEHです。

ZEHの認定基準は下記となります。

  • 外皮(窓や屋根・外壁など)の断熱性を高め、UA値を0.4〜0.6よりも低くすること
  • 省エネ性能が高い設備を採用し、エネルギー消費量を20%以上削減すること
  • 容量に指定はないが、再生可能エネルギー設備を導入すること
  • 上記のすべてを合わせて、エネルギー消費量を100%以上削減すること

UA値は断熱性の高さを示す値です。
8つのエリアに分けて指定数値が定められています。

地域区分UA値
旭川・札幌など(1・2地域)0.4相当以下
盛岡など(3地域)0.5相当以下
仙台・つくば・東京・鹿児島など (4〜7地域)0.6相当以下
那覇など(8地域)指定なし

Nearly ZEHの認証基準

Nearly ZEH(ニアリー・ゼッチ)は、ZEH基準には満たないものの、

大幅な省エネを成功させている住宅のことです。

具体的な基準は下記となります。

  • 外皮のUA値が0.4〜0.6以下
  • 省エネ設備の導入により、20%以上の消費エネルギー削減
  • 再生可能エネルギーの導入
  • すべての要素を合算し、75〜100%のエネルギー消費量を削減

ZEHとの違いは、エネルギー収支が100%にわずかに達しないという点のみです。

ZEH Orientedの認証基準

ZEH Oriented(ゼッチ・オリエンテッド)は、

都市部の狭小地など基準を満たすのが

難しい環境下で建てられた住宅が対象となるため、

ほかの2種類よりも少ない項目で認証されます。

  • 外皮のUA値が0.4〜0.6以下
  • 省エネ設備の導入で、消費エネルギーを20%以上削減

ZEHやNearly ZEHで必要な「再生可能エネルギー」は不要になるのが特徴です。

必要な設備を導入し、省エネを20%実現できれば認定となります。

条件となる狭小地は以下を満たしたもののことです。

  • 北側斜線制限の対象地域である
  • 敷地面積が85平方メートル未満である
  • 2階建て以上である(平屋は対象外)

エネカルで案件を代行される方

エネカルで案件を
代行される方

エネカルに出展する為の資料は仮登録をお願いします。
仮登録は本登録ではありません。

エネカルで案件を
依頼される方

初めての方でも安心して案件を依頼できます。
新規登録してプロフィールを完成させましょう

依頼して専門家からの提案を待ちましょう

ZEH(ゼッチ)の基準とは?
省エネ計算、各種補助金の申請代行
ができる法人・個人様へ
仮登録後に送られてくる資料を確認して本登録を行い案件を待ちましょう
仮登録はこちらから