住宅のBELS(ベルス)評価とは

「BELS」とは「Building-Housing Energy-efficiency Labeling System」の略称で、

建築物省エネ法第7条に基づき建築物の省エネ性能を表示する第三者認証制度の1つで、

一般社団法人 住宅性能評価・表示協会が運営している評価制度です。

建築物に対する新しい表示制度の1つとして、

省エネ性能の一層の向上を促進する役割が期待されています。

「BELS」は、2014年4月に創設され、

一般社団法人 住宅性能評価・表示協会に登録された登録BELS機関が省エネ性能を客観的に評価し、

一次エネルギー消費量をもとに5段階の星マークで表示しています。


一次エネルギーは火力・水力・太陽光など、自然から得られるエネルギーのことを指します。

一次エネルギーを変換や加工し、都市ガス、電気など

利用しやすい形にしたものが二次エネルギーとなります。

「BELS」は、新築・既存を問わず申請することができ、

申請書や図面・計算書などの設計図書に基づき評価されます。

評価・表示される性能

BELSは、一次エネルギー消費量の基準値からの削減率や基準への適合可否、

性能(BEI)に応じて、5段階の星マークなどで表示されます。


評価に用いられる指標及び手法は、

外皮性能および一次エネルギー消費量によることを基本としているため、

その評価方法は省エネ基準によることとなります。

BELSで評価される性能

①外皮性能(性能基準・仕様基準)
②一次エネルギー消費量(性能基準・仕様基準)

BELSの一次エネルギー消費量は、給湯設備、暖房設備、

冷房設備、換気設備、照明設備が消費するエネルギーを合算して算出します。

設計・基準一次エネルギー消費量には、家電等その他エネルギー消費量は含まれません。

BELSで表示される性能

① BEIに応じた星マーク

建物の省エネ性能を表示するのが★の数です。

BEI値によって5段階で表示されます。


BEIは、「基準一次エネルギー消費量」に対する「設計一次エネルギー消費量」の割合のことで、

BEIの値が小さいほど、省エネルギーです。

BEI : 設計一次エネルギー消費量/基準一次エネルギー消費量

BEI:Building Energy Index BEI=1.0は省エネ基準と同等の水準です。

星マークとBEI値

★★★★★BEI ≦ 0.8
★★★★0.8 < BEI ≦ 0.85
★★★(誘導基準)0.85 < BEI ≦ 0.9
★★(省エネ基準)0.9 < BEI ≦ 1.0
(既存の省エネ基準)1.0 < BEI ≦ 1.1

※星の数に対応するBEI値は住宅用途の数値です
※外皮基準は判断基準に含まれません
※一次エネルギー消費量の仕様基準は★★です

② 基準からの削減率

削減率=(1-BEI)×100で計算されます。

③ 設計一次エネルギー消費量

設計・基準一次エネルギー消費量を表示します。

※家電等その他エネルギー消費量は含まれません。

④ 建築物エネルギー消費性能基準(省エネ基準)への適合可否

一次エネルギー消費量、外皮性能の「建築物エネルギー消費性能基準」への

適合の可否が記載されます。

⑤ UA値またはηAC値

外皮基準においては、住戸部分のUA値またはηAC値が記載されます。

⑥ ZEH、Nearly ZEH、ゼロエネ相当マーク

「ZEHマーク」+「ゼロエネ相当の表示」の住宅が『ZEH住宅』、

「ZEH」マークのみ表示の住宅が『Nearly ZEH住宅』と認定されます。

エネカルで案件を代行される方

エネカルで案件を
代行される方

エネカルに出展する為の資料は仮登録をお願いします。
仮登録は本登録ではありません。

エネカルで案件を
依頼される方

初めての方でも安心して案件を依頼できます。
新規登録してプロフィールを完成させましょう

依頼して専門家からの提案を待ちましょう

住宅のBELS(ベルス)評価とは
省エネ計算、各種補助金の申請代行
ができる法人・個人様へ
仮登録後に送られてくる資料を確認して本登録を行い案件を待ちましょう
仮登録はこちらから